~食べることを大切に考えています~

食事は、単に必要なエネルギーや栄養をとるということだけでなく、一緒においしいものを食べると人と人の距離が近くなり、心も開かれていきます。おいしく、楽しく、食べることで、心も体も健やかに育ちます。乳幼児期の心身の発達や意欲、そして生活習慣の確立などの基本になります。みんな一緒にお昼ご飯やおやつを食べて「おいしいな、楽しいな、うれしいな」という気持ちをいっぱい味わってほしいと思います



給食


身近な素材を五感で感じて、生活と結びついた体験をするようにしています。
調理する前の野菜などを展示棚に展示したり、野菜を育てて収穫し、
下ごしらえの手伝いをしたりして、食材に、より興味を持つようにします。
幼児クラスの子どもたちは、各クラスで、保育士、栄養士と対話をしながら、
自分で食べる量を伝え、個別の配慮のもと、よそってもらいます。


献立
旬の食材を使って季節にあった献立にしたり、子どもたちが苦手なものでも、
彩り、見た目など、メニューに変化をつけ、食欲が増すような工夫をしています。
そして、必ず、具沢山のみそ汁やスープなど、汁物を加えています。
保護者会との話し合いにより、幼児(3,4,5歳児)の主食も保育園で炊飯して、
温かいご飯を給食 しています。また、給食、離乳食、おやつを毎日展示しています
。献立表は毎月始めに全家庭に配布します。(献立表はこちら


離乳食
母乳育児を応援します。冷凍母乳をお持ちになりたい方は、お預かりしています。
乳児のミルクは園で用意します。メーカーは園指定のものを使用していますが、
その他のミルクをご希望の方はご相談に応じています。
離乳食はご家庭と連携をとりながら、月齢に応じ、初期食・中期食・後期食と個別に用意します。

離乳食献立表を毎月初めに配布します。(離乳食献立表はこちら


おやつ


土曜日以外は、塩分や糖分のとりすぎにならないよう、手作りにしてます。



除去食
アレルギー体質で、特定の食品を除く必要がある場合は、個別に相談に応じています。
医師の「食事指示診断書」を提出していただき除去食(代用食)を作ります。

特別食
お腹の具合がよくない時は、消化の良い食材を使ったり、やわらかく調理した、特別食を作ります。